会社案内作成で抑えておきたいポイントとは

会社案内は、企業の情報や業務内容など、その企業そのものを紹介する重要な媒体です。会社のイメージや会社の強み、事業分野、実績などをメッセージとともに伝えることが重要です。相手に信用や信頼を与え、安心して会社とかかわってもらうことが目的になります。
会社案内作成の時に押さえておきたいポイントは、企業理念や代表者からのメッセージなどメッセージ性の強い内容は、社風や人柄が伝わるように練り上げること、そして業務案内や沿革、製品案内など会社を知ってもらうための内容は、安心感を与えらるように、具体的で正確であることが大切です。写真や図も使って、一回読んだだけでも、大体の内容が把握できる簡潔で見やすいレイアウトを工夫することが必要です。明るく、さわやかなイメージや、まじめで誠実な印象など、伝えたいイメージをあらかじめ作成し、読んでもらいたいターゲット像と合わせて考えておくと、会社案内作成の時に伝えたいことの軸がぶれにくくなるのでお勧めです。
実際に会社案内作成の時には、たくさんの情報を伝えたくなりますが、適度に余白を持ち、写真を心持大きめにするなど読み手のことを考えることが必要です。また、目線は左上から右下に向かって移動しますので、見やすいレイアウトになっているかどうか、目線の動きに対して、情報が偏っている場所はないかなどをチェックすると、自然に内容が目に入る作りに近づきます。見出しや写真は目に入りやすい物なので、興味をひき、印象に残る物を選べると、イメージアップにつながります。

会社案内作成に必要な地図を入手する方法

会社案内というものを用意する場面があります。顧客用として作成したり、新入社員などを雇い入れる際のツールとして利用する場面も多く見られます。会社案内作成に関しては、印刷を専門に行っている企業に依頼することによって、見栄えの良いものを製作することが可能になりますが、そのページの中には会社の所在地を表す地図を入れることも基本とされています。地図に関しては、インターネット上で有名なものがいくつか用意されているのですが、基本的には静止画面のキャプチャーなどは認可されない傾向にあるために、実質上会社案内作成で利用することは困難になります。デザインなどをパソコン上で行うことのできる方が存在している場合では、比較的簡単に製作することもでき、また、印刷を行っている専門業者によってはデザインを引き受けている場合もあります。依頼できる場合では、オリジナル地図を製作することができ、そのまま会社案内作成に役立たせることができます。他の手段としては、フリーソフトなどを見つける方法も用意されています。フリーソフトの中には自由に作成して、仕上がったものは完全に版権フリーとして利用できるものがあるために、効果的に活用することもできます。また、インターネット上には、有料で作成を行っているものも用意されていて、デザイン性にも優れているものを作ることも可能になります。会社の事業内容やセンスによって大きく異なるものとなりますが、会社に相応しいデザインを持ったものを利用することが何よりです。

会社案内作成業者へ依頼してから完成するまでの流れ

会社案内作成の際、業者へ依頼した場合の流れを知っておきましょう。会社案内作成を業者に依頼したからといって、その後何もしないまま、いきなり会社案内が完成することはありません。打ち合わせや確認事項などがありますので、会社案内作成を業者に依頼した際の流れを知っておけば、必要なときまでにきちんと会社案内を用意することができます。
まず、ヒアリングは必ずあるものと考えておきましょう。会社案内をどのような内容にするのか、こちら側のニーズを業者に知ってもらう必要があります。これを効率的に相手に伝えるには用意が必要ですので、前もって内容、希望、効果などのニーズ、そして扱っている製品などへの現状認識、競合状況などのマーケット認識などを明確化しておき、業者に伝えるようにします。
これらの情報から、強調すべきところを効果的に強調し、伝えたいことを分かりやすく伝えるための企画・プランニングを業者側が行ってくれます。企画コンセプトを定め、キービジュアルやキャッチコピーなどを考えてきて、プレゼンテーションしてくれますので、今度はそういった企画に対してチェックを行い、さらに要求を出したり、内容を練ったりすることになります。この時点で仕上がりのゴールが見えていないと、この先の会社案内作成の流れが迷走してしまいますので、企画・プランニングの工程は大変重要です。
企画が固まると、会社案内作成にいよいよ入ります。デザイン・レイアウト・コピーライティング・撮影などが行われます。用紙の選定も行いますし、色校正のチェックなども行います。
ここまで行って、最後の印刷・製本となります。
会社案内作成では工程がいくつかあり、工程毎にチェックが発生しますので、業者依頼後も行うことは色々とあります。きっちりチェックし、要望を伝えることでコミュニケーションを取りながら、訴求力のある会社案内を作成しましょう。